トピックス


令和二年 1月12日 左義長(どんど祭り) 予告

令和二年 1月12日(日) 8:00~11:00 終了
正月の門松・飾り物・古札などを焚きます。
また、正月の書初めを焚くと、書道の上達の兆しと云われているようです。
ぜんざいのふるまい、有ります。
氏子・崇敬者の皆様 御参拝ください。


※焚きものは、環境の為、可燃・プラスチック・不燃(金属・陶器など)と、分別されていると助かります。
令和二年 1月 4日記 新HP担当者

 

大晦日~令和二年 1月 1日 歳旦祭

大晦日~ 令和二年1月1日 歳旦祭

12月31日大晦日の23:00前は、風が有りとても寒い天候でした。

風が強いので、焚火禁止と消防団の判断でしたが、23:00を過ぎると風は収まってきて、焚火の許可が下りました。

前日の雨で、木材が湿っていましたが、何とか暖がとれました。

23:00 この頃には、既に10名程は御並びでした。

おもてなしの ぜんざい 用の餅の準備。 おもてなしでは、授与品・お神酒(枡酒)・つまみ・せんざい・ジュースなどが、振舞われます。 個々は、お気持ち程度ですが、他の神社では、この様な おもてなし は無いと御聞きします。

奉仕は、氏子総代会の皆様で成されています。

令和二年 0:00 直前には、多くの方々で行列が出来ています。

令和二年 0:00 太鼓の音の合図で紐が外され、初詣が始まりました。

様々な思いを込め初詣は続きます。

枡酒の御神酒です。

枡は、益々の繁栄などを意味し、お持ち帰り頂いています。

0:20 頃、鳥居を越し 旧家前を超える行列でした。

お詣りの後、おもてなしの所に案内される参拝者の皆様。

1:30頃、長い行列も落ち着きを見せました。 この後、参拝者は 随分少ないのですが、ずーと氏子総代の方々が、当番制で もてなし の用意をされていました。

7:30頃 さわやかな元旦を迎えて、初詣の方がお見えになりました。

7:50頃 元旦の朝日 おもてなしに使いました テントなどは、9:00~11:00の間に片付けられました。

11:00より、歳旦祭の神事が行われました。

直会も含め神事となります。

ご家族で参拝の様で、記念写真などを撮影されていたようです。

おもてなしは、片付けられたのですが、1日の朝~午後は、夜のような寒さは無く、のどかな雰囲気が感じられました、

おみくじを引かれる方も多く、様々な願いが込められているのでしょう。
おみくじは、良いものは身に付けたりと持って帰り、望まない事が書いて有ったら、その点を直して頂きたいと木などに結ぶと聞いていますが、人により色々あるようです。

また、大吉が出るまで引かれる方も、お見えのようです。

令和二年 1月 2日記 新HP担当者

 

 

令和元年12月28日 ご挨拶

ご挨拶

新任ホームページ担当者です。
他にされる方が無く、やむなく引き受けたのですが、慣れていないため、苦戦の連続です。
前任者の長年の貴重な情報(近辺の自然など)の累積を活かすことも考えながら、複雑なサイト内を確認しながら・・・苦戦中です。
なので、公開時には、「リンク漏れ」(思う画像やページに行かないこと)が、あるかも知れませんが、順次直して行きますので、ご容赦下さい。
ホームページは、基本を変更したので、パソコンもスマホも御覧になれると思います。お試し頂けたら幸いです。
また、深入りはしたく無かったのですが、経緯上、調べ考察した部分が御座います。私の考察のベースとしているのは、「茶道の勉強」や「氏の会」の経験です。
「茶道の勉強」 : ここで云うのは、点前の話では無く、江戸期の古文書や消息。
           資料の信憑性の見方などとなります。
「氏の会」(仮称): 自分の苗字 および その一族 の会のことです。
          中世の著書の有る大学准 教授(今は教授でしょうか?)の講演。
          行事では、細川護熙元総理を招いたり、和泉元彌(狂言)他を招いたり、
          東京の会場は、霞会館(旧華族専用の施設)で、催したりしました。
ここでは、多くの「郷土史研究家」の御話も拝聴し、その傾向は承知しているつもりです。
当面、考察部分は、公開が遅れます。
ある程度、準備が出来た段階で、公開予定です。
色々と不備なことも有るとは思いますが、宜しくお願い致します。
令和元年12月28日 新ホームページ担当者