クイックビュー(神明社の由緒編)   戻る
元和3年(1617年),、成瀬隼人正成が徳川家康の命を受け、犬山城主に就任した後、廿軒家に武士を派遣。
彼らが産土神として神明社を創建しました。もうすぐ創建400年です。
詳しいことをお知りになりたい場合はこちらをご覧ください。