廿軒家神明社のホームーページ






                  

廿軒家神明社では正月に飾るこの写真に示すような注連縄(しめなわ)を毎年12月初旬に総代の有志が集まって
製作してきましたが、諸事情により、2008年末からは取りやめました。


皆で作っている写真です。





生玉稲荷の責任役員の柴田さんです。
お願いして応援に来ていただきました。

生玉稲荷の責任役員の吉田さんです。
お願いして応援に来ていただきました。


ベテランの本居さんがもっとも長い4メートルほどの注連縄を製作しました。





材料は稲藁です。
小幡南三丁目の宮地和義さんの田より7月末に刈り取った稲を陰干ししたものです。



縄をなう前にこの機械でしごいて稲藁を軟らかくします。


縄をなっている写真を以下に示します。

























新人も初挑戦しました。


作ったよ!