廿軒家神明社の近隣にお住いの皆様へ
最近廿軒家神明社に設置された由緒石碑には、下記の問題があります。
あなたがお住いの町内にお住まいの氏子総代に働きかけ、廿軒家神明社の総代会で、
由緒石碑の表面に刻印されている文章を、今後ゼロから公正な手順を踏んで決定される
文章に変更する決議がなされるよう運動しましょう!

<現在の由緒石碑の問題点>
私は廿軒家神明社のすぐ近くで生まれ育ちましたので、廿軒家神明社には愛着があります。
従って、私は平成20年に氏子総代になった直後に、この廿軒家神明社のホームページを立ち上げました。
当時は廿軒家神明社の生い立ちについては、”昭和18年頃に昔小幡常燈にあった神明社を受け継いだ”
としか伝承されていませんでした。
これに疑問を持った私は調べた結果、昭和63年1月9日に守山郷土史研究会が発行した「もりやま」7号のP209
に掲載されている古文書を見つけました。
この古文書からは
 (A)当神社は元和3年(1617年)以降に間もなく創建された。
 (B)廿軒家と云う地名は、成瀬隼人正正成が死亡した後の時代に誕生した。
と云うことが読み取れます。
この古文書発見によって俄かに400年事業を行おうという機運が廿軒家神明社内で高まりました。
従いまして、私にとってこの古文書は極めて貴重なものです。

しかし、不可解なことに、その後、私に殆ど相談なく加藤会長が主導して最近設置された由緒石碑には
 (C)当神明社は元和元年(1615年)に創建された。
 (D)廿軒家と云う地名は、犬山城主成瀬隼人正正成が当地に支配下の武家屋敷二十軒を建築させ、地域の開発
   と管理に当たらせたことに由来する。
という、上記古文書とは全く異なる趣旨のことが記されています。

従って最近設置された由緒石碑が問題なく正しいものとするためには、下記の4つの根拠がすべて明示される
必要があります。しかし、このようは出来っこなく、現に、どれ一つとして、加藤会長からは未だ根拠が明示され
ていません。
  ■上記(A)が間違っていることについての確かな根拠
  ■上記(B)が間違っていることについての確かな根拠
  ■上記(C)についての確かな根拠
  上記(D)についての確かな根拠

私は加藤会長の名誉低下を最小限に喰い止めるために、令和元年4月以来のこの7ケ月間の大部分の時間を
加藤会長と河本宮司とだけの話し合いに費やし、”自分で蒔いた種は自分で刈り取る”よう加藤会長に要請し続
けてきましたが、加藤会長は考えを変えて頂けませんでした。。
、最近私が『もう一度二人だけでゆっくり話し合いましょう。』と話を持ち掛けたのですが、加藤会長からは、
『もうあなたとは話し合わない』という言葉しか返ってきませんでした。
このような訳ですので、今回、廿軒家神明社を清純な状態に戻すための非常手段として、やむなく上記の文章を
掲載した次第です。何卒ご理解ねがいます。                           
                                  令和元年11月26日 
                                  同年11月27日一部改訂、同年12月1日一部改訂 
                                  上記文章掲載責任者:氏子総代OB 長尾 治
                                  TEL:090-9179-6171 Mail nagaov@appliedopt.com
                                  廿軒家神明社へのメールを送りたい場合はこちら

***********************************************
 授与室窓口開設のお知らせ
毎月第1・第3の日曜日午前9時〜12時の間、授与室窓口を開設しております。
ご朱印帳の受付・各種お札、お守り、おみくじの取り扱いなどを致しております。
令和元年5月1日御朱印帳の受付をしました。   詳しいことはこちら
     
   8組9名のお子様及びご家族の方々にお詣り頂きました。
 内1名のお子様は、初詣りでした。

 お詣りの様子は、こちら。

 
 
  11月10日(日)七五三詣りを斎行しました。  
 10月13日(日)秋の例大祭を斎行しました。
 明治17年(1884年)頃の廿軒家神明社はこんなでした
7月28日(日)夏祭りを斎行しました。 7月22日〜26日恒例の朝のラジオ体操をしました。
5月10日「終戦思いで記(その2)」を掲載しました。  斎
5月1日 践祚改元記念祭を斎行しました 5月1日 御朱印帳の受付をしました。 
3月30日(土)第3回目のお花見の会を開催しました。 初詣に沢山の皆様が来られました。 
昨年10月14日秋祭りを斎行しました。   昨年11月11日(日)七五三詣りを斎行しました。
昨年7月29日(日)夏祭りを斎行しました。  昨年9月8日参道完成式を催しました。 
昨年7月23〜27日恒例の朝のラジオ体操をしました。  昨年7月参道の段差をなくし、通りやすくしました。 
昨年3月31日桜まつりを開催しました。  昨年3月15日「終戦後思いで記」の一部を掲載開始しました。 
昨年3月2日「私の大東亜戦争史」を掲載しました。  昨年1月26日雪が積もりました。
昨年の初詣に沢山の皆様が来られました。  昨年1月14日左義長(どんど焼き)を斎行しました。
一昨年11月12日(日)七五三詣りを斎行しました。 昨年10月15日(日)秋祭りを斎行しました。
昨年7月30日(日)夏祭りを斎行しました  昨年7月24〜26日恒例の朝のラジオ体操をしました。
昨年4月2日(日)桜まつりを開催しました
クイックビュー  
        神明社の由緒 神明社の四季
その他のトピックス 

忠魂碑


津島神社

秋葉神社

守山龍神社