廿軒家神明社のホームーページ
















2009年11月8日(日) 15組の方々が七五三詣でをなさいました。
受付
お清め

紅葉の下で順番待ち

祈祷開始
<一昨年神明社で七五三詣でをなさったある方のコメント>
しばらくすると、名前を呼ばれ、拝殿内に上がり席に着きました。祝詞がはじまり、少し緊張しま
したが祝詞の中でパパの名前や自分の名前を耳にすると、娘はニコリとしていました。
よく某大神社だと大変に、多くの方が参加して一斉にしてしまう杓子定規なようですが、
こちらの神明社では子ども一人一人、親と一緒に玉串奉奠、二拝二拍手一拝を、前に出て
ご祈祷します。我が家はパパと娘が前に出て、私はビデオをまわしながらみつめていました。
「只今からお祓いの言葉を奏上します。」


「皆様のお祓いをします。」


祝詞奏上
玉串奉奠
二礼二拍手一拝

千歳飴と破魔矢の授与
記念写真

記念写真の撮影
後日2Lサイズ(178mmX127mm)の写真を記念写真用封筒に入れてお渡しします。

お帰り