廿軒家神明社のホームーページ






        

今年の幟を揚げる際の写真
秋祭りは豊年祭であるから幟(のぼり)は黒字のものを揚げます。
毎年のことですが、幟を揚げる時、なぜか心が浮き立ちます。

先ず東側から幟を立てました。
ボルトで固定
次に西側の幟を立てました。
ボルトで固定

幟立て完了

その他の今年の写真
みんなで掃除
子ども相撲の土俵準備
北側の苔むした塀越しに
慰霊祭会場設営

昨年までの写真
神前への供物準備(米・お酒・山海の幸等を三方に盛る。)
  @鮮魚(鯛)15cmぐらいのもの1匹
  Aお酒 1升 Bお洗米 約1合 Cお塩 少々
  D野菜 大根1本・人参3本・きうり3本
  E果物 林檎(季節により変更する)
  F乾物 するめ2枚、椎茸1袋、干し昆布1〆

前日迄に子供相撲の為に土俵の砂、相撲の景品として文房具等の準備します。
神明社の秋祭りには全町内の子供獅子連が御祓に来るので、菓子は20組くらいが必要です。


拝殿に紅白の幕を張る。













各所に注連縄(しめなわ)を張る。













幟は社務所横に立てる。


準備完了