輪くぐり神事
茅輪神事(わくぐり)は、みな月のはらい、または夏越しのはらいといいます。
茅輪を3度くぐり越えて罪穢れを除き、心身の清浄ならんことを祈請するので「輪越(わごし)祭」「茅輪くぐり」ともいわれます。
その後、各自が小さな茅輪を作り、家に持ち帰って門前に飾ります。 詳しいことはこちら