明治17年(1884年)頃の廿軒家神明社 
最近(2019年9月)愛知県公文書館で明治17年に作成された地籍図を閲覧してきました。
閲覧して始めは廿軒家神明社がこの地籍図に載っていないのに驚きました。
そこで更に調べた結果、”当時も廿軒家神明社は実在していたであろう”と結論付けました。
その理由を以下に記載します。
<理由1>
廿軒家神明社が存在していた辺りのこの地籍図の抜粋を、大正末期に作成された小幡郷図と
対比する形で以下に示します。
地籍図の方については、 廿軒家神明社が存在して辺りの拡大図も以下に示します。
この拡大図には、赤線で囲った"千八百十・・柴生 "と記載されている土地があります。
この土地は、大正末期に作成された小幡郷図と比較すると、廿軒家神明社が存在していたであ
ろう土地に当たります。

<理由2>
この土地の地目は柴生です。柴生とは柴のように低い雑木が生えている土地という意味です。
近隣の土地は皆地目が畑であるのに対して、ここだけが柴生となっています。

<理由3>
廿軒家神明社の由緒について信頼度がかなり高い古文書が存在します。
それらの古文書には、創建は元和3年以降の元和年間(1617年~1624年)と記載されてい
ます。
また、”明治8年本社境内土地ハ二十軒家島信徒ニ払イ下ゲ受ケタ。”とも記載されています。

但し、この土地の地目は柴生と記載されているのですから、当時は廿軒家神明社の社殿は、
極めて小さなものであったと推察されます。