2008年7月31日 暑中お見舞い申し上げます。 
俗世界は日照り続きですが

    神明社は只今せみしぐれです
只今、神明社はアブラゼミとクマゼミが一杯です。
不用意に近づいたらシャっとオシッコをかけられました。
他のサイトを見ると、アブラゼミは"ジリジリ"と鳴き、クマゼミは"シャア、シャア"と鳴くと書かれて
いますが、さて、あなたにはどんな風に聞こるのでしょうか?

セミは短命と思っていましたが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%9F
には下記のように書いてあります。
 「成虫期間は1-2週間ほどと言われていたが、これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまう
  ことからきた俗説で、野外では1か月ほどとも言われている[1]。さらに、幼虫として地下生
  活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命
  の長さをもつ。」
皆様も元気に夏を乗り越えてください。
以下に本日撮影した写真を掲載します。
保存樹であるムクノキにとまっているアブラセミ
アベマキにとまっているアブラセミ
モッコクにとまっているクマゼミ
しめ縄にとまっているセミのぬけがら

以下に拡大写真を掲載します。
デジカメを買い換えたので鮮明に撮れるようになりました。
今まで使っていたデジカメは5年ほど前に買ったもの。殆ど価格は同じでこの性能。
この間の技術革新はスゴイ!。
再度神明社へ行ってみたら、今度はこちらに掲載したようなめずらしい写真が撮れました。